地域活性化に貢献する具体策①[第1回販促アイデア協議会定例会]

最終更新: 2018年11月12日



2018年9月19日に開催された「第1回販促アイデア協議会定例会」にて、販促アイデア商品の活用で地域活性化に貢献する企業3社(真生印刷㈱、㈱中央プロセス、㈱松浦紙器製作所)から事例発表が行われた。今回は地域活性プロセスとして「堺・泉州地域プロジェクト活動」を推進している真生印刷株式会社(紀之定正一取締役)の事例発表内容をご紹介します。



「地域活性化プロジェクト活動」を推進 紙の持つチカラを再確認

真生印刷株式会社_紀之定正一取締役

カタログ・チラシ・パッケージをはじめ、取扱説明書やラベルなどの商業印刷、商品情報システム開発などのソリューションビジネスを展開している真生印刷株式会社(大阪府堺市、河内克之社長)では、地域活性プロセスとして「堺・泉州地域プロジェクト活動」を推進している。


同社では、2014年2月に大阪府堺市へ本社を移転したことを機に、堺市以南の泉州地域を担当することとなり、堺市・泉州地域を意識したビジネスと貢献活動を開始することとなった。


同プロジェックの始まりは大阪府の土木事務所とのつながりであり、2014年から本社工場周辺の清掃活動からスタート(現在も継続中)。その後、大阪府の緑化事業「グリーンストリート支援事業恵」にも参画し、工場周辺に植栽を行った。


翌年には水間鉄道沿線活性化協議会にも参加。関西空港から至近にある大阪府貝塚市を走る水間鉄道沿線には水間観音をはじめ、風光明媚な景色が広がるが、「空港からの観光客が立ち寄ってくれない」 という課題を抱えていたため、同社が主体となり地域情報のフリーペーパーを発刊して魅力発信活動に寄与することとなった。


その後、「東京さかい交流会」にも参加。地域にゆかりのあるさまざまな人・企業とのつながりが生まれ、百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録の応援活動の開始で地域プロジェクトの活動範囲は一気に広まった。


そして、2015年から始まった堺市の古墳群登録に向けた応援活動においてオリジナル古墳メモパッド制作をはじめ、祈願だるまペーパークラフトの配布、オリジナル古墳カレンダーなどを制作したほか、「手ぬぐいデザインコンテスト」で同社の作品3賞が入賞した。2016年には同社の情報や堺・泉州地域の情報発信のためにSNSを開設するとともに、地元のイベントにも参加して地域密着企業としての認知促進に努めた。


その一環として2017年7月31日には百舌鳥・古市古墳群が世界文化遺産の国内推薦に決定した際に号外を作成して同社スタッフが堺市内の主な駅前やイベントなどで配布したほか、1週間後に羽田空港で行われた堺市のイベントでも配布され、多くの人の関心を集めた。


このほかにも、大阪観光大学で観光アプローチのオープンセミナーに登壇し、オープンセミナーで泉州地域をテーマとしたAR技術活用の紹介をはじめ、2018年には映画「嘘八百」のロケ地マップの制作、泉州タオル「NOBI TOWEL」、など、地域密着型の印刷企業として、地域の活性化に大きく貢献する事業を展開している。


さらに、同社ではデザインの力でも地域貢献。百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録を応援する堺おおいずみロータリークラブの「のぼりデザインコンクール」において最優秀賞を受賞し、実際にのぼりとして製作され、堺市・藤井寺市・羽曳野市に設置されている。「堺・泉州地域プロジェクト活動」を立ち上げ、地域密着型の考えで事業を展開してきたことが4年で花を咲かすこととなった。同プロジェクトから得られたことは次の通り。


▽東京さかい交流会とのつながりにより、東京から堺に対して広がりが生まれた。


▽世界文化遺産国内推薦決定の号外配布によって堺市民の「仁徳天皇陵」への愛着の深さを同じレベルで感じることができた。

同時に号外という印刷物がSNSやTVなど、さまざまなメディアに取り上げられ、拡散されたことにより、印刷会社は「メディアミックスの中心にいる」ということが実感できた。紙の持つ力の強さと発信のタイミング・内容・方法によって、本当に強い波及力が生まれると感じられた。


▽産・官・学のマッチングハブとしての役割

観光資源の活用を考慮する官庁や役所などの「官」、学生を集め就職させるためのスキルを習得させる魅力ある大学づくりを創造する「学」、「紙のチカラ」と「モノづくりのプロセス」によって官と学をマッチングするハブとして印刷会社はその中心の役割を果たすことができる。



地域活性化に貢献する具体策を3社が発表

地域活性化に貢献する企業3社の事例発表内容はこちら。

>真生印刷株式会社

>株式会社中央プロセス

>株式会社松浦紙器製作所


また、「販促アイデア商品説明会」を参加企業3社(㈱米谷、ソウルプロダクツ、㈱甲南堂印刷)が行い、会場を移して催された「情報交換会」では会場内に参加企業13社が商品サンプルを展示し、実際の商品を前にしながらネットワークづくりを目指しました。



次回開催は2018年12月6日(木)

詳細およびお申込みに関しましては、コチラのページにてご確認くださいませ。



97回の閲覧

​サイトマップ

トップ

販促アイデア協議会とは

販促アイデア交流会

会員企業紹介

お問合せ

販促アイデア情報カテゴリー

〒530-0054

大阪市北区南森町1-1-26 南森町フジビル2階

TEL:06-6311-0281

​FAX:06-6311-0288

Copyright © 2019 販促アイデア協議会. All Rights Reserved.