​サイトマップ

トップ

販促アイデア協議会とは

販促アイデア交流会

会員企業紹介

お問合せ

販促アイデア情報カテゴリー

〒530-0054

大阪市北区南森町1-1-26 南森町フジビル2階

TEL:06-6311-0281

​FAX:06-6311-0288

Copyright © 2019 販促アイデア協議会. All Rights Reserved.

販促アイデアグランプリ2019出展内容紹介|加藤製本株式会社


販促アイデアグランプリ2019

2019年5月31日(金)~6月1日(土)の2日間、インテックス大阪5号館で開催される「JP2019・ICTと印刷展」にて「販促アイデアグランプリ2019」が同時併催されます。


「販促アイデアグランプリ」では、集客・販売を支援する多彩なセールスプロモーションツール(SPツール)、最先端の印刷技術、多くのPOP関連商材などが展示されると同時に、成功事例発表を通じて来場者に情報提供をいたします。


イベントの開催によって出展各社にとって一層の販売拡大につながるとともに、来場者にとっては自社の経営戦略のヒントを模索する場となり、双方にとってプラスとなるコラボレーションに発展すれば印刷業界全体の活性化を促すものと期待しています。


そこで「販促アイデアグランプリ2019」に参加する企業の出展内容を随時紹介。気になる企業がありましたら、販促アイデア商品を手に取り確かめられるJP展へ是非ご来場くださいませ!



常に飽きられず、魅力ある商品を提供し続ける加藤製本株式会社

加藤製本株式会社

加藤製本株式会社(東京都新宿区)は、自社開発した販促アイデア関連商品として①レーザー加工品②PUR製本③バリアブル製本品④ステーショナリーを出展し、新しい紙の価値を提案する。


1941年の創業以来、革新的な製本技術を確立することで顧客ニーズへの対応を図ってきた同社では、2005年に国内初となるPUR製本技術を採り入れ、2008年にはアジア初となるPUR上製本を商品化することに成功し、世界各国から注目を集めている。


初出展となる「JP2019・ICTと印刷展」では、これまでに採用されたPUR製本のサンプルを展示し、PUR製本が印刷物の付加価値創造につながり、営業ツールとして活用できることを来場者に呼びかける。



■アイデア次第で様々な商品が作れるレーザー加工機

一方、同社では一昨年7月にシート対応のレーザーダイカットシステム「PAPERONE5000」を導入するとともに、デジタル印刷機とニス加工機を導入し、加工技術をコアとする販促アイデア商品を市場に提供する体制も整えている。


同機の導入に際して加藤隆之社長は、社内に「デザイン室」を設置し、プロダクトデザインができる人材3名を配置。以来、商品開発に取り組み、マカロンや動物を模したユニークな付箋、木材に微細な加工を施した御朱印帳などを商品化したところ、両製品ともに注目を集めることとなった。


最近ではレーザーダイカットシステムを活用して紙で作ったドレスも作り上げたほか、主に女性をターゲットにした紙の新たな機能性を活かしたアイデア商品を市場に投入し、好評を得ている。


「単に受注競争をするのではなく、差別化を図るための付加価値を高めた商品が作れればと考えてきましたが、導入から1年が経過し、アイデア商品として具体的な提案ができる体制が整ってきました。レーザー加工機は、アイデア次第でいろんなパターンの商品が作れます。当社では商品価値の高いものを作ることがアドバンテージになると考え、出来上がった商品をブランド化していきたいと考えています」と加藤社長は語っている。



■加藤製本株式会社

1922年(大正11年)創業。「あったら喜ばれる」を信念に、変化する顧客ニーズに対応。常に飽きられず魅力ある商品を提供し続けるため、独自技術をはじめ、特殊加工会社とのネットワークによるコラボ商品を市場に投入することによって信頼を高めている。

詳しくはこちら:http://www.ashiya-kk.co.jp/



■関連記事

「販促アイデアグランプリ2019」出展企業一覧

PUR上製本の開発に成功!年間数百万以上のコスト削減見込み